2013年3月5日火曜日

DPS SKI 試乗会 @ホワイトバレースキー場

3月3日DPSの試乗会がホワイトバレーでありました。当日は降雪20〜40センチ
試乗には良い条件でしたが、マイ板で楽しんでから参加したので既に斜面はボコボコの状態からのスタートです ノートラックをスキー場で楽しめるのは数本程度なのでまあ良いでしょう。
ホワイトバレースキー場は沢状の地形や肩斜面が多かったです。
最初は勿論この板から

the spoon
190センチ 158/148/151
@190000程

煽った感じは、トップは柔らかくテールは硬い。トーションは硬い
トップの3D形状は、初体験
スタッフの方からは、怪我注意!!とのこと
始めは緩斜面で様子見
くるくる回る、多少エッジが遠い感じがした位
お次は、第二リフトを乗車して3本程試乗した感想は

端パウで3D形状の感触に驚き!トップ部に雪がまとわりつく感覚これは初めて。
テールが硬いので加速早く、おまけにスイングウエストも軽いので切り返すのも楽
何せ、スピードをもっと出したくなって。。。

狭いスキー場だけでは、もったいない!とにかく高速で滑走してクリフを飛んだり、ツリーランなど
を攻めたりするのにもってこいな板ですね~
貴重な体験をさせて頂きました。


Lotus 120 spoon
189センチ 140/122/126  R35

トップは3Dです。
とても乗りやすいですが片流れの斜面で横滑りしている時は、トップの3Dの部分の
エッジが上手くかからずポジションキープするのに難儀しました。


Lotus 138 spoon
192センチ 143/138/140

トップは3Dです。
普段使用しているアルマダ ARGをひと回り大きくした感じですが長さも長く感じられず
取り回しも楽でした。片流れの斜面も気持ちよくズラせました。
硬い斜面では、トップがバタつきますが滑走には余り影響はない感じでした。


Lotus 120 ハイブリット
190センチ 140/120/125 R43

カーボンと比べるとハイブリットは腰砕けした感じがしました。
味付けは、カーボンとは全然違うのでこの板もありなのかも。


wailer 112 RPC
186センチ 144/115/125 R20-23

トップのロッカーが抑えられていて、どんなコンディションもそつなくこなせそうです。
R20ですがづらしもラクラクできて、予想外で良かったです。
飛び抜けた個性は感じられなかったのも好感、新雪が積もった時にもう一度
乗ってみたいです。


15時終了まで試乗していたのですが
本来、パウダー系の板に様々な雪面で良好を期待するのは酷な話ですが。。。
個人的には、試せて満足でした。

試乗サイズも長めが多かったですが、全然気にならなかった。
斜面もオープンバーンからツリーランまでこなせそうで今度板を購入するときは
かなり迷いそうです。



0 件のコメント: